医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2016/06/16
診療報酬改定でかかりつけ医の評価は?

 平成28年度診療報酬改定から、今回は、かかりつけ医の評価に注目したいと思います。患者がアクセスしやすい中小病院、診療所と、専門的診療を提供し地域の拠点となる病院が適切に紹介し合えるよう、見直しが行われています。


認知症に対する主治医機能の評価

  1. 「認知症地域包括診療料」1,515点(月1回)が新設されました。
  2. 「認知症地域包括診療加算」30点(再診料1回につき加算)が新設されました。

いずれも届出を行った施設で、下記全てを満たす認知症患者が対象となります。

  • 認知症以外に1以上の疾患を有する
  • 1処方で「5種類超の内服薬」及び「3種類超の向精神薬」の投薬を受けていない
  • その他の地域包括診療料算定要件を満たす


小児に対するかかりつけ医の評価

 乳幼児期から学童期までの継続的な小児科外来診療を評価すべく、「小児かかりつけ診療料」が新設されました。

 @処方せんを交付する場合:
  初診時602点、再診時413点

 A処方せんを交付しない場合:
  初診時712点 再診時523点


地域包括診療料等の施設基準緩和

 複数の慢性疾患を持つ患者に対する継続的で全人的な医療を評価すべく、主治医機能の評価について、一定の緩和が行われます。


紹介状なしの大病院受診時の定額負担

 初診は5,000円(歯科は3,000円)、再診は2,500円(歯科は1,500円)の定額負担となります。


参考:
厚労省「平成28年度診療報酬改定説明会(平成28年3月4日開催)資料等について」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
株式会社WiseBrainsConsultant&
アソシエイツ
〒850-0033
長崎県長崎市万才町10-16
パーキングビル川上301
TEL:095-895-8351
FAX:095-895-8361