医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2016/03/17
厚労省、BCG接種について中止も視野に入れた提案

 厚生労働省は、1月21日に開催された厚生科学審議会結核部会で、BCG接種(小児結核対策)について、「将来の低まん延状態を見据え、定期のBCG接種の中止または選択的接種の導入に関する検討に必要な研究を進めることとしてはどうか」との提案を行いました。

 新規小児結核患者は、年間100例未満と減少傾向にあります。また、海外ではほとんどの国で接種が行われていますが、一部の国では接種対象者を“高まん延国出身者や家族に医療従事者がいる児などのハイリスク者”に限定してます。


 なお、我が国のBCG接種は、平成24年までは原則生後6カ月までの乳児を対象に定期接種を行い、高い接種率を維持していましたが、25年に対象を「生後1歳に至るまで」に変更しています。副反応は年度を超えて発生することがあるため、この接種時期変更による影響は、副反応報告等から評価することとなっており、具体的な報告はまだないようです。


厚労省「第7回厚生科学審議会結核部会資料」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
株式会社WiseBrainsConsultant&
アソシエイツ
〒850-0033
長崎県長崎市万才町10-16
パーキングビル川上301
TEL:095-895-8351
FAX:095-895-8361